<空> header
  iSUC(アイザック)は、IBMのユーザー団体《全国IBMユーザー研究会連合会》が主催するIBMシステム・ユーザーのための研修会です。  
<空>
  第21回iSUC 新潟大会  
会 期:2010年10月20日(水)~22日(金)
朱鷺メッセ/新潟コンベンションセンター
<空>
  menu
         
トップページ 新潟大会について 参加申込 参加者へのご案内
iSUCについて
iSUCを構成する主な3つのプログラム
iSUCとは iSUCをつくろう iSUCに参加しよう セッション(参加型セミナー)) iSUCモール(IT展示会) 交流会(情報交換会)
 
<空>
iSUCとは
<空>
<空>
<空>
<空>
<空>
<空>
 
<空>
<空>
<空>
関連リンク:
<空> トップページ > iSUCとは
iSUCとは
iSUCとは何か?
<空>
iSUCとは、ITシステムをつくり、運用し、利用する立場のものがお互いに教え・学び合う、3日間の集中研修プログラムです。
iSUCでは、最新ソリューションや他社の導入事例など、ITシステムユーザーが本当に知りたいこと・身につけたいスキルを重点的に学びます。
iSUCはユーザー主体の研修会であり、大会の企画から運営まで、すべて参加者のボランティア活動によって行われています。
どのような人が対象となるのか?
<空>
自社のITシステムを企画・運営をしなければならない立場の方
自社のITシステムに課題を抱えていて、関係ベンダー以外の意見や情報を知りたいと考えている方
自社の経営におけるITシステムの役割や課題を理解しておきたい、将来の幹部候補の方
ITサービスベンダーとして、ブレークスルーの必要性を認識しており、そのチャンスを模索している方
iSUCを構成する主な3つのプログラム
<空>
iSUCは、以下の3つのプログラムを中心に構成されています。
セッション:参加型セミナー
iSUCモール:IT展示会
交流会:情報交換会
セッション会場
iSUCのプログラムの中心は、セッションと呼ばれる参加型セミナーです。3日間で合計100コマを超えるセッションが用意されています。
iSUCモール会場
会期中、会場内にはIT展示会「iSUCモール」が併設されます。IBM製品をはじめ、さまざまな最新ソリューションの展示をゆっくりとご覧いただけます。
交流会会場
iSUCは参加型の大会です。情報交換会等の開催を通して、参加者同士の交流や業種を越えた人脈づくりのお手伝いをします。
iSUCの理念・役割・信義則
<空>
◆iSUCの理念
iSUC(アイザック)は、IBMユーザー研究会に加入しているすべての企業・個人が参加することのできる、自己啓発や能力開発を目的とした研鑚の場です。
  • ユーザーのユーザーによるユーザーのための大会
  • 強い相互扶助精神によるボランティア主導の大会運営
  • 互いに平等な立場で、信頼と尊敬を基調とした互恵的な交流
◆iSUCが果たす役割
教育機会の提供
ITを真の企業の力として活用するにはどうすればよいのか。企業を取り巻くさまざまな環境への適応は、IT部門に関わるものにとっても重要かつ急務な課題です。iSUCでは、レベルの高い参加型セミナー(セッション)を集中的に受講することができます。セッション内容も、最新技術への対応や即効性の高い実務教育を中心とした構成を目指しています。

国際交流
iSUCは、COMMONインターナショナル外部リンク の一員として、国際的視野をもつITプロフェッショナルの育成に重要な意義があると認識しています。海外の大会で有意義とされているセッション・プログラムの採用や、IBMを利用する日本ユーザーの声を国際的に反映させるなど、海外ユーザー会との交流を通じて国際的なユーザー意識を育成します。

情報システム職業人同士の相互扶助
日本では、学術的な学会活動を除き、情報システムに関係する職業人同士の横断的交流が多いとはいえません。iSUCは、情報システムに関わる業務を職業としている専門家同士の情報交換、コミュニティ基盤の役割を果たします。

ボランティア活動の実体験
iSUCの運営は、実行委員であれ、講師であれ、参加会員である限り例外なく納入される参加会費と、ユーザー有志による無償の役務提供、すなわちボランティア活動によって賄われています。ユーザーがホスト役となってメーカーを招聘する、というユーザー・オーナーシップを通して、ボランティア活動の意義と実践を体験し、社会人としての広い視野を育成します。
 
◆iSUCの信義則
上述したiSUCの理念と役割を参加者が正しく理解し、継承していくため、iSUCでは以下の信義則を定めています。大会会場において、信義則への違背行為が認められた場合、大会主催者は参加資格の停止を含む必要な措置をとる場合があります。

守秘義務著著作権について1.守秘義務著作権について
iSUCの会場内において提供される情報は、原則として参加会員間の内部情報です。従って外部への公表は差し控えていただきます。配布された資料の扱いにつきましては、著作権法等の侵犯行為がなされないようご留意ください。また大会内容に関わる報道、出版行為については、大会主催者による事前承認が必要です。

営利活動の禁止2.営利活動の禁止
iSUC会場における宣伝広告活動や販売活動、求人、求職活動は禁止されています。カタログや会社案内の配布等はご遠慮ください。参加者の自己研鑽や会員相互の情報交換、技能研修の場にふさわしい会場環境を維持するためです。ただし、モール会場における宣伝活動および販促活動は、iSUC実行委員会の承認を得て、許可するものとします。

友好的、互恵的な交流3.友好的、互恵的な交流
大会会場は、友好的、互恵的な情報交換の場です。排他的、利己的な情報収集、例えば競合他社の企業情報の収集などの行為は、絶対に行わないでください。善意の会員の積極的な参加を助長するために、遵守されなければならない最も大切なルールです。

iSUCのマインド
<空>
今年で21回目を迎えるiSUC。 
ユーザーのユーザーによるユーザーの為のユーザー会活動。第1回からそのマインドは変わらずに回を積み重ねてきました。
iMagazine(No.12)に掲載されたiSUC歴代実行委員長による対談では、これまでのiSUCを振り返えるとともに、iSUCのこれからについて熱く語っていただきました。
iSUCの成り立ちや、iSUCのマインドを感じていただける内容となっておりますので、是非ご覧ください。
座談会出席者
footer
<空>
<空>
 
ページのトップへ
 
 
 
 
<空>