iSUC(アイザック)は、IBMのユーザー団体《全国IBMユーザー研究会連合会》が主催するIBMシステム・ユーザーのための研修会です。
第23回iSUC 仙台大会 会期:2012年11月7日(水)~9日(金) 会場:[メイン会場] 仙台サンプラザホテル&ホール [サブ会場]仙台ソフトウェアセンター(愛称:NAViS/ナヴィス) [サブ会場]仙台ソフトウェアセンター(愛称:NAViS/ナヴィス) 外部リンク [メイン会場] 仙台サンプラザホテル&ホール 外部リンク
仙台大会テーマ
  1. HOME
  2. セッション
pagetitle
今年のセッションの特長
この地でしか聞けない特別なセッションがあります!
今年のiSUCセッションは、「スマートフォン/タブレット」「クラウド」「人材育成・人材活用」など12のキーワードに着目し、若手・中堅社員、CIO、情報システム部門長の方にもご満足いただける、バリエーションに富んだセッションをご提供します。 とくに今年は、ユーザー企業のIT活用事例セッションが充実。なかでも、被災地企業のIT部門が震災から学んだことなど、今大会でしか聞けない特別セッションは必見です!
第23回iSUCにおける12の重点キーワード
今年もやります! 昨年大人気の『iSUC白熱教室』
iSUCが自信を持ってお届けする『iSUC白熱教室』は、テーマに沿って講師と参加者がオープンに意見交換できる、参加型セッションです。講師の話や他社の事例を参考にしながら、あなたの貴重な業務経験や日ごろの思いを熱く語ってください。 『iSUC白熱教室』はたくさんのIT仲間と出会い、多くの生きた情報を得ることができる貴重な機会です。iSUC実行委員会では、昨年の『iSUC白熱教室』のアンケート結果を反映し、講師と参加者がより活発に意見交換できるよう、さまざまな工夫をしてまいります。
今大会のテーマは「Innovation Tohoku ~未来に向かって~」。
参加者の皆さんが、お互いの経験から学び、知恵を交換し、「未来に向けたInnovationについて語り合う場」となるような『iSUC白熱セッション』を、一緒につくりあげましょう。
オープニング・セッション:今年の基調講演
野村 浩志 氏 顔写真

  駄目サラリーマンが年商20億円の営業所長へ! そして、
  鉄道会社の『公募社長』への奇跡の転身!
  ~目指せ! 経営黒字化『公募社長』アイデア&人材育成術~

講師:野村 浩志 氏
   山形鉄道株式会社 代表取締役社長
小学生時代は鉄道オタクのいじめられっ子、根暗の中学・高校時代の愛読書は時刻表。ようやく入ったあこがれの大手旅行代理店だったが、海外添乗で参加者全員の航空券を紛失する、飛ばされた山形営業所では旅行見積書の計算間違いで約200万円の損害を出すなどの失敗が続く。仕事に対するやる気もない、会社に対する貢献意欲もない、人との協調性もない、だから友達もいないという、ないないづくしの駄目サラリーマン人生だった。  

そんな野村さんも、山形県長井市を中心にしたネットワークが徐々に広がり始め、趣味の鉄道と会社の仕事がうまくコラボレーションするようになる。こうして大赤字だった山形営業所も、気がつけば売上高20億円を記録するようになった。しかし、交流と仕事というハードワークがたたって身体をこわしてしまう。そんな時、野村さんの目に留まったのが「フラワー長井線の社長を公募する」という新聞記事だった。

── 駄目サラリーマンがどうやって立ち直り、廃線寸前だった第三セクター鉄道を黒字転換に向け奮闘しているのか。その秘密を、iSUC 仙台大会の基調講演でお聞きください。部下のやる気を引き出しきれていないという自覚があるチームリーダー、自分の指示を聞かない部下を抱えているチームリーダー、そしてなぜ自社の士気が上がっていないのかの原因を知りたいという経営者の方、聞き逃せませんよ。
セッション・アジェンダとは
iSUCのプログラムの中心となるのが、セッションと呼ばれる参加型セミナーです。
「セッション・アジェンダ」blankupとは、大会3日間のセッションの時間割です。この「セッション・アジェンダ」を参照して、ご自身のニーズに合わせた時間割(パーソナル・アジェンダ)を組み、有益なセッションを数多く受講して業務にお役立てください。

セッション・アジェンダ
セッション・アジェンダの見方
image「セッション・アジェンダ」blankup のセッション番号は「時間帯番号」「会場番号」のふたつの組み合わせで成り立っており、ジャンル別・時間帯別に閲覧することが可能です。

「セッション・アジェンダ」blankup をクリックすると別ウィンドウで日付別の「アジェンダ一覧」が開きます。ここからセッションの実施時間、教室、タイトル、キーワード、講演概要、講師、資料などの情報にアクセスできます。ジャンルによる検索や、タイトル、講師名などによる検索も可能です。また、メニューの「セッションキーワード別」blankup をクリックすると、登録されたキーワード別にセッションを見ることもできます。
パーソナル・アジェンダ活用法
image「パーソナル・アジェンダ」blankup は、iSUC参加者のセッション受講計画をサポートするツールです。受講したいセッションを事前に登録することで受講予定表を作成できます。また、受講登録したセッションに会場や時間枠の変更があった場合、事務局からお知らせのメールが届く便利な機能もご利用いただけます。

「パーソナル・アジェンダ」blankup に登録し、大会当日「セッション・アンケート」を提出されたセッションに限り、受講証明を発行します。会社への報告書等に必要な方はご利用ください。

※「パーソナル・アジェンダ」は、参加者だけが利用可能な個人の受講プラン作成のためのツールです。セッションの受講予約登録ではありませんのでご注意ください。
※セッション受講証明の発行は12月上旬からを予定しています。


image1. ログイン方法
「セッション・アジェンダ」blankup へアクセスし、メニュー右の「ログイン」をクリックするとログイン画面が表示されます。「参加番号(受付番号)」と「パスワード」を入力してログインします。


2. セッションの登録方法
各セッションの「アジェンダ登録」のリンクをクリックすると「パーソナル・アジェンダ」に登録され、アイコンが「登録キャンセル」に変わります。(「登録キャンセル」をクリックすると「パーソナル・アジェンダ」への登録がキャンセルされます)

3. 登録したセッションの確認
メニューの「パーソナル・アジェンダ」をクリックすると、受講予定セッションの一覧がご覧いただけます。(こちらからも登録のキャンセルが可能です)
セッション資料の事前ダウンロード
imageセッション資料は、大会前からiSUCホームページの「セッション・アジェンダ」blankup に掲載されます。資料が用意されているセッションには「資料」マークが表示されており、この「資料」マークをクリックすることで資料の閲覧が可能です。ログインしていない場合は「参加番号(受付番号)」と「パスワード」を入力し、ログインしてください。

iSUCでは資源保護の観点からペーパレスを推奨しており、会場内でのセッション資料の配布を行なっていません。必要に応じてプリントアウトしてお持ちいただくか、ご自身のPCにダウンロードしてご利用ください。

「パーソナル・アジェンダ」blankup の利用やセッション資料の閲覧には、参加申し込み受付時にお送りしたeメールに記載されている「参加番号(受付番号)」と、ご自身で設定された「パスワード」が必要になります。
スマートフォン/タブレット用セッション・アジェンダ
imageスマートフォンやタブレットからアジェンダ(時間割)を閲覧できる「スマートフォン/タブレット用セッション・アジェンダ」(以下、スマホ用)をご用意しました。日時、キーワードなどでセッションを検索、「お気に入り」に登録できるほか、セッション概要も確認できます。 また受講したセッションのセッション・アンケートに回答することもできますので、セッション受講の際にご活用ください。PCからのアクセスも可能です。
「お気に入り」の利用やセッション・アンケートの回答には画面右上のLoginボタンからお入りください。Loginには、参加申し込み受付時にお送りしたeメールに記載されている「参加番号(受付番号)」と、ご自身で設定された「パスワード」が必要になります。

QRコード
 https://wwwa.uken.or.jp/agenda blankup



※スマホ用からは、「資料(PDF)」の閲覧・ダウンロードはできません。iSUCホームページの「セッション・アジェンダ」blankup をご利用ください。また、PCサイトの「パーソナル・アジェンダ」blankup での受講登録情報とスマホ用で「お気に入り」に登録した情報は連動していませんので、ご了承ください。
※アンケート入力には、セッション会場で告知する「キーワード」の入力が必要です。