研鑽、交流、そして共育。全国に拡がるIBMユーザーのネットワーク line IBMユーザー研究会
fream01 ようこそ ゲスト さま separate fream2
 
  logomark IBMユーザー研究会TOP
midashiID登録がまだの方はこちらからblankup
ID登録のススメ
IBMユーザー研究会
入会申し込み
お問い合わせ
 
   
 
 
IT研究会
IT活用技術および諸テーマを共に研究することにより、情報交換、利用技術の向上と併せて、会員相互の親睦を深め、自己啓発、人材育成をはかることを目的にしており、ユーザー研究会会員であればどなたでも参加することができます。

:IT研推進委員会blankup
IT研究会とは
 全国版IT研究会とは
 掲載メディア
チームメンバーコミュニティサイト
研究会テーマと成果
 IT研究会テーマ
 全国版IT研究会テーマ
 研究成果概要集
メンバー募集
関連リンク:
IT研ライブラリーBlankup

 

IT研究会

 
IT研究会とは
 
 IT技術者として、自社の情報システムを担う一員として、もっと経営に貢献したい!
そのために、
 最先端のIT知識を持ちたい。調べてみたい。追求してみたい。【研 鑽】
 他社でITに取り組んでいる人と交流したい。情報交換したい。【交流と親睦】
 自分の視野を広げたい。人脈も広げたい。世界も広げたい。【人材育成】
  そんなユーザー会員が集まり、楽しく目的達成と自己実現を目指す場が、IT研究会です。
研 鑽
各チーム10人前後で構成され、共通の関心テーマに対し、参加メンバーが自主的な協同研究活動を行います。1年間を通して、概ね月1回の頻度で集まり、研究会を実施します。メンバー同士が調べたこと、知っていることを情報交換し、メンバー各自のスキルアップを目指します。1年間の集大成として、地区研毎に毎年成果発表会が行われ、優秀チームは、秋に開催されるiSUCblankup で研究発表の機会が与えられます。(選抜方法は地区研毎に異なります。)
これとは別に、ネット会議形式で自席にいながら先進的なIT知識を得ることができる、全国版IT研究会という自己啓発の場もあります。

交流と親睦
各地区研の活動では、様々な会社からメンバーが集まります。従って業務では縁の無い業種のIT活用状況を聞いたり、近い業種のIT活用ノウハウや課題の共有ができます。活動を通して、同様の課題を抱えた人たちと知り合うことで、貴重な情報交換ができます。そして研究会の終了後には、自発的に懇親会を設けて、楽しく有意義に交流を深めています。

人材育成
メンバー各社の同意のもと、持ち回りで研究会会場を提供しあうケースがあります。その際に、企業見学の機会も多々あり、通常では見ることのできない施設を見たり、責任者のお話を聞けたりと、研究テーマ以外にも見聞を広げ、視野も世界も広げることができます。そして1年が経過しチームが解散した後も、定期的に集まって、更なる親交と成長を求めているチームも見受けられます。
*IT研究会には地区研主催の「IT研究会」のほかに「全国版IT研究会」があります。
 IT研究会テーマ >>>
 全国版IT研究会テーマ >>>
[ ページのトップへ ]
全国版IT研究会とは
 
images
IBM箱崎事業所ソリューションセンター会議室を情報発信拠点とし、全国各地からリモート会議ツールを使用して参加可能な仕組みを整え、全国縦断型で実施する研究会となります。

この研究会発足にあたっては、
・各地区の研究会では発足せず、興味はあるが、参加をあきらめていた
・地区内の研究会の枠を超え、通常は交流することのない他地区の会員と意見交換したい
・自社の出張規制が厳しく、参加する機会がない(リモート会議ツールを使用するため自社からの参加が可能)
といった会員の皆様からの要望にお答えする企画となります。
[ ページのトップへ ]
掲載メディア
 
IBM USERS 平成30年度 VOL.2 2018blankup (PDF 2.16 MB)
IBM USERS 平成29年度 VOL.2 2017blankup (PDF 1.84 MB)
IBM USERS 平成28年度 VOL.2 2016 blankup (PDF 1.84 MB)
IBM USERS 平成27年度 VOL.2 blankup (PDF 1.79 MB)

*IBM USERS PDFをご覧頂くにはAdobeR ReaderRblankup が必要です。
IT研究会、全国版IT研究会にご興味のある方は、ぜひ各地区研事務局Blankup までご連絡をお願いします。
 
 
サイトマップ関連リンクプライバシーポリシーblankupご利用にあたってblankup
ページのトップへ