第46回 IBMユーザー・シンポジウム
ごあいさつ
シンポジウムとは
大会概要
大会プログラム
分科会(論文発表)
優秀論文発表資料閲覧
地域セッション
企業見学会
地域見学会
関連リンク
ホーム
 
委員からのメッセージ
 
巡る四国
 
参加申し込み
 
 
お問い合せ
プライバシーポリシー
 
主催:全国IBMユーザー研究会連合会
協賛:日本アイ・ビー・エム株式会社
大会プログラム
 
地域見学会
5月23日(金)・24日(土)
金刀比羅宮・うどん学校コース(半日)
実施日
5月23日(金)
行程
(11:30)サンポート高松→(12:20)琴平:中野うどん学校(うどん作り、昼食)→金刀比羅宮参拝(専用ガイド付)→金丸座(17:00)→(17:40)高松空港→(18:20)JR高松駅
定員
45名 (最小催行人数:30名)
参加費
6,500円 昼食付
概要
「こんぴらさん」の呼び名で親しまれている金刀比羅宮は、昔から海の安全、五穀豊穣、大漁祈願、商売繁盛など様々なご利益のある神様として人気を集めています。奥社まで1368段の長い石段も有名ですが、今回は785段をのぼり御本宮でご参拝いただきます。
また、現存する日本最古の芝居小屋「金丸座」もご覧いただきます。
昼食は、うどん学校に入学し、本場讃岐の手打ちうどんを、粉を練り、麺棒でのばし、茹でるまでを体験した後で、召し上がっていただきます。
自作のうどんの味は格別ですよ。

金刀比羅宮・うどん学校コース金刀比羅宮・うどん学校コース
大塚国際美術館・鳴門うず潮コース(半日)
実施日
5月23日(金)
行程
(11:30)サンポート高松→(12:30)びんび家(昼食)(13:10)→(13:40)鳴門:渦の道(14:30)→(14:40)大塚国際美術館(17:00)→高速鳴門バス停(17:20)→(17:40)徳島空港→(19:00 )JR高松駅
定員
45名 (最小催行人数:30名)
参加費
9,000円 (大塚国際美術館2,835円等の入館料を含む) 昼食付
概要
大塚国際美術館は、世界25ケ国190余りの美術館と約100の宮殿や教会が所蔵する古代から現代にいたる名画や壁画など約1000点を原寸大の陶板で再現した美術館で、日本最大級の常設展示スペースを有しています。居ながらにして、世界の名画に出会い世界各地の美術館を巡ることができます。
また、大鳴門橋の橋桁空間につくられた遊歩道で海上散歩を楽しみながら、世界三大潮流の一つに数えられる鳴門のうず潮を約45メートルの高さからガラス越しにご覧いただけます。
昼食は、新鮮な海の幸と肉厚の鳴門わかめの味噌汁をお楽しみください。

大塚美術館・鳴門うず潮コース大塚美術館・鳴門うず潮コース
直島アート満喫コース(1日)
実施日
5月24日(土)※当コースはキャンセルとなりました。
行程
(8:12)高松港(フェリー)→(9:02)直島宮浦港→(9:30)家プロジェクト(11:30)→(11:50)ベネッセハウス(昼食、ミュージアム見学)(14:10)→(14:20)地中美術館(16:00)→(16:20)直島宮浦港(16:40)→(17:00)宇野港→(18:00)JR岡山駅→(18:40)岡山空港/(17:00)直島宮浦港→(18:00)高松港
定員
45名 (最小催行人数:20名)
参加費
帰路・岡山行き 13,000円
帰路・高松行き 12,000円
(地中美術館(2,000円)等の入館料を含む) 昼食付
概要
直島は、瀬戸内海に浮かぶ人口4千人足らずの小さな島ですが、イギリスの旅行雑誌に「世界で行くべき7つの場所」の一つとして紹介されるなど、海外からも注目を集めています。
「ベネッセハウス」と「地中美術館」では、安藤忠雄氏が設計した建物の中で、数多くの現代美術を堪能していただけます。
また、1998年から始まった「家プロジェクト」は、古い家屋を改修し、様々なアーティストが家の空間そのものを作品化したもので、それぞれの家屋で営まれていた生活や日本の伝統、美意識に対峙したユニークな空間が形作られています。
小さな島と現代美術のコラボレーションが進化し続ける島・直島の魅力を存分に満喫していただくための特別コースです。

直島アート満喫コース直島アート満喫コース
備考
当コースは、企業見学および地域見学の半日コースを申し込まれた方も、お申し込み可能です。
道後温泉 愛媛コース(1泊2日)
実施日
5月23日(金)〜24日(土)
行程
(11:30)サンポート高松→(12:40)アサヒビール園(西条市:昼食)(14:00)→(15:00)今治タオル美術館(16:00)→(17:20)道後温泉(道後プリンスホテル泊)※道後温泉の町並みを自由散策でお楽しみ下さい。

(8:30)道後温泉→(9:30)内子町(八日市護国の町並み散策)(11:00)→(12:00)砥部町(昼食、砥部焼窯元見学)(13:30)→(14:00)松山市内(松山城、坂の上の雲ミュージアム)(16:30)→(16:45)JR松山駅→(17:10)松山空港
定員
45名 (最小催行人数:20名)
参加費
39,000円 (2名様1部屋利用の場合) 朝食1回・昼食2回・夕食1回付
概要
日本書紀や万葉集にも登場する日本最古の「道後温泉」に宿泊する2日間です。このコースでは、初日に愛媛県を代表する伝統産業に成長した「タオル産業」のシンボルとなった「タオル美術館」を訪ね、翌日には古い町並みを今に伝える「内子町」で、八日市護国界隈に今も根付く「ろうそく」「和紙細工」「木材加工品」などの伝統工芸品の数々を間近でお楽しみいただけます。また、落ち着いた風合いが特徴の「砥部焼」の魅力もご堪能ください。
松山市内に戻ってからは、地域プログラムでも紹介される「坂の上の雲ミュージアム」を訪ねます。ここは昨年オープンして話題となった場所で、司馬遼太郎氏の原作でお馴染みの方も多いと思います。
このように、愛媛県の「伝統」「芸術」「歴史」「文化」に巡りあう2日間で、初めての方にも充分楽しんでいただける内容です。

道後温泉 愛媛コース道後温泉 愛媛コース
四万十 高知コース(1泊2日)
実施日
5月23日(金)〜24日(土)※当コースはキャンセルとなりました。
行程
(11:30)サンポート高松→(11:50)昼食(高松市内)(12:30)→(17:30)四万十市(新ロイヤルホテル四万十泊)

(8:30)四万十市→(8:50)四万十川遊覧(川の原風景体験)(10:00)→(12:00)土佐久礼(初鰹のタタキ昼食、大正市場でのショッピング)(14:00)→(15:20)高知市(桂浜、坂本龍馬記念館)(17:10)→(17:40)高知龍馬空港→(19:50)JR坂出駅
定員
45名 (最小催行人数:20名)
参加費
35,000円 (2名様1部屋利用の場合) 朝食1回・昼食2回・夕食1回付
概要
四国の約半分の面積を占める「高知県」を訪ねる2日間です。ご存知のように「高知県」は海と山の自然に恵まれ、多くの偉人を輩出した「土佐」の地名でも知られています。今回はその高知県を代表する、日本最後の清流「四万十川」を訪ね、屋形船から清流の素晴らしさをゆっくりとした時間とともにお楽しみいただきます。船で遊覧中には、地元漁師に伝わる伝統漁法の見学や欄干の無い「沈下橋」をご覧いただきます。その後は、「鰹の一本釣りの里」として知られる「土佐久礼」を訪ねます。豪快な一本釣りで釣られたこの時期の鰹は「初かつお」と呼ばれ、その身の締まり具合は病み付きになる味です。このシーズンたけなわの初鰹に出会える喜びに感謝して、昼食には「本場 藁焼き鰹のたたき」をご用意します。この味が忘れられない方は「大正市場」で朝取れの初鰹の買い物も楽しめます。勿論、宅配便で送れますので安心してお買物もお楽しみ下さい。
午後からは、クロージング講演でも紹介される「坂本龍馬」の魅力を訪ねて高知市内へ移動します。龍馬が遠く太平洋の果てを望みながら、思いを巡らせている姿を銅像にした「月の名所の桂浜」。様々な資料を今に伝える「坂本龍馬記念館」は必見です。
広大な高知県を2日間でまわるコースですが、必見ポイントを効率良くご覧いただけるように配慮しました。

四万十 高知コース四万十 高知コース
※すべての料金には、税金・サービス料が含まれています。
 
 
取消料について
お申込後、ご予約を取り消される場合、1名様につきまして下記の取消料を申し受けますので予めご了承願います。また、変更の場合も同様の取消料を申し受けます。
 
■宿泊プラン・弁当・企業見学会・地域見学会の場合
契約解除の日
取消料(お1人様)
1)5月15日まで 無料
2)5月16日〜5月21日 旅行代金の20%
3)5月22日以降 旅行代金の100%
※お支払済みの場合、取消料を差し引きました代金をシンポジウム終了後に払い戻しさせていただきます。事務処理上、ご返金には多少の日数がかかりますので、予めご了承ください。
※弊社休業日及び営業時間外でのご連絡は、翌営業日の処理となりますので、予めご了承ください。
 
お問合せ先
近畿日本ツーリスト株式会社 高松支店
「IBMユーザー・シンポジウム係」


TEL(087)851-3331 FAX(087)851-3330
担当:善村、増田
営業時間:9:30〜17:00(土日曜日・祝祭日は休業)
 
 

Copyright2007 (c) IBM Users Symposium. All Rights Reserved.