2012/05/28
実行委員長からの御礼ビデオメッセージ福岡写真館を掲載しました。
東日本大震災への義援金について西日本新聞に掲載されました。ご協力ありがとうございました!
2012/05/11
ホームページによる参加お申し込みは締め切りました。
締切日以降にお申し込みをご希望の方は事務局までお問い合わせください。
2012/05/01
オッショイ!福岡第6号~広報チーム~を掲載しました。
50周年記念イベントとしてTVで話題の「KAWAMURA BAND」生ライブが決定!!
2012/04/13
早期申し込み特典期間を4月27日(金)まで延長いたしました。
2012/04/12
【満員御礼!】和みセッション:大石尚子氏による講演は、満席となりましたのでお申し込み受付を終了いたしました。たくさんのお申し込みありがとうございました。
2012/04/02
分科会・論文発表ページに論文審査結果を掲載しました。受賞者の皆様、おめでとうございます!
分科会・JGS論文発表ページに論文概要を掲載しました。
オッショイ!福岡第5号~きんしゃい福岡(第2号)~を掲載しました。
2012/03/15
オッショイ!福岡第4号~アドミチーム~を掲載しました。
知っとーや九州第4号~福岡県(福岡市編)・宮崎県のお国自慢~、知っとーや九州特別号~長崎県(番外編)~を掲載しました。
2012/03/01
参加申し込みを開始しました。大会プログラム等の詳細を掲載しています!4月13日(金)までの早期申込でお申し込みいただくとだんぜんお得です♪
2012/02/15
オッショイ!福岡第3号~イベントチーム~を掲載しました。
知っとーや九州第3号~福岡県・大分県のお国自慢~を掲載しました。
2012/02/01
新春例会の模様をFacebookとtwitterで順次配信!
2012/01/16
オッショイ!福岡第2号~きんしゃい福岡(第1号)~を掲載しました。
オッショイ!福岡特別号~実行委員のメンバー紹介~を掲載しました。
知っとーや九州第2号~長崎県・佐賀県のお国自慢~を掲載しました。
2011/12/15
第50回IBMユーザー・シンポジウム公式ページがOPENしました。

オッショイ!福岡

知っとーや九州

Twitter ブログパーツ

FollowMeOnTwitter


実行委員によるfacebook

大会プログラム

分科会(論文発表)

提出された141編の中から選定された「優秀論文」の内容を、執筆者の皆様が各分科会場で発表します。

[優秀論文発表] 分科会1

5月24日(木)15:40~16:30

セッション番号 #11 

銀賞 概要を見る

論文表題 オープンソースで高可用性DBクラスターを構築する
社 名 株式会社エクサ
執筆者 谷 文秀
セッション番号 #12 

銀賞 概要を見る

論文表題 若手育成と開発効率
社 名 八十二システム開発株式会社
執筆者 松本 奈央美
セッション番号 #13 

金賞 概要を見る

論文表題 仮想化による分散システム統合基盤構築
~サーバー統合を成功させる10の秘訣~
社 名 株式会社八十二銀行
執筆者 徳武 学
セッション番号 #14 

銀賞 概要を見る

論文表題 グローバル経営のための情報系システム構築
社 名 カシオ計算機株式会社
執筆者 河野 浩
セッション番号 #15 

銀賞 概要を見る

論文表題 要件定義をいかに乗り切るか
-実践と体系理論の接点を肌で感じるとき-
社 名 株式会社 資生堂
執筆者 戸塚 恵美
 

[優秀論文発表] 分科会2

5月24日(木)17:10~18:00

セッション番号 #21 

銀賞 概要を見る

論文表題 IMSのオープン・マイグレーション事例
社 名 株式会社エクサ
代表執筆者
共同執筆者
稲月 輝夫
井上 扶美子
セッション番号 #22 

金賞 概要を見る

論文表題 製造業のデータセンターにおける運用業務高度化への取組みについて~ITIL®フレームワークの確立に向けて~
社 名 ベニックソリューション株式会社
代表執筆者
共同執筆者
中井 裕司
上田 幸司
セッション番号 #23 

銀賞 概要を見る

論文表題 システム構成基準の策定とオープンソースソフトウェアの活用による情報システム基盤の最適化
社 名 関西電力株式会社
執筆者 川西 智也
セッション番号 #24 

銀賞 概要を見る

論文表題 東北電力企業グループの業務運営を支える情報セキュリティマネジメントの取り組み
社 名 東北電力株式会社
代表執筆者
共同執筆者
五十嵐 良一
千葉 英克
セッション番号 #25 

銀賞 概要を見る

論文表題 ASPサービスと自社システムの連携による共同版投資信託システムの構築
社 名 株式会社八十二銀行
執筆者 西村 英昭
 

[優秀論文発表] 分科会3

5月25日(金)8:30~9:20

セッション番号 #31 

銀賞 概要を見る

論文表題 グループウェアの情報セキュリティ ~E・C・Oなセキュリティ対策~
社 名 八十二システム開発株式会社
執筆者 丸山 雅博
セッション番号 #32 

銀賞 概要を見る

論文表題 リスクとコストのバランスを図るリスクマネジメント手法の実践
社 名 株式会社 ティージー情報ネットワーク
カシオ計算機株式会社
代表執筆者
共同執筆者
山口 一郎
増子 卓也
セッション番号 #33 

銀賞 概要を見る

論文表題 大学システムにおける最適化のアプローチ
社 名 兼松エレクトロニクス株式会社
執筆者 咲本 鎮克
セッション番号 #34 

金賞 概要を見る

論文表題 COBOL技術者によるCOBOLプログラムのためのWeb化フレームワーク適用事例
社 名 四国電力株式会社
執筆者 吉岡 直司
セッション番号 #35 

銀賞 概要を見る

論文表題 医薬品トレーサビリティの実現に向けた倉庫管理システムの導入と活用
社 名 株式会社琉薬
執筆者 村田 敏昭
 

Q&Aセッション

「Q&Aセッション」は、論文内容をパネル展示し、執筆者の皆さんが個々に参加者の皆さんを相手に質疑応答を行うというものです。執筆者とFace to Faceでの対話ができるなど、分科会会場での発表とはまた違った雰囲気で、論文と接することができます。
今回は、銅賞に選ばれた15編が展示されます。


※「ポスター論文発表」は「Q&Aセッション」へと名称変更しました。

Q&Aセッション発表

5月24日(木)16:30~17:10

セッション番号 #41 

銅賞

論文表題 金流・商流・物流情報が連携した「金融EDI情報連携」への挑戦
社 名 小島プレス工業株式会社
執筆者 兼子 邦彦
セッション番号 #42 

銅賞

論文表題 シェアードホストサービス適用の効果と課題
(パブリック・クラウド・サービスの活用)
社 名 四国システム開発株式会社
執筆者 西尾 邦彦
セッション番号 #43 

銅賞

論文表題 Notesを利用したバッチ管理システムの構築と応用
社 名 日本アイ・ビー・エム共同ソリューション・サービス株式会社
執筆者 斉木 秀夫
セッション番号 #44 

銅賞

論文表題 プロジェクトを成功に導くユーザー主導型プロジェクト体制の考察
社 名 三菱鉛筆株式会社
二幸産業株式会社
代表執筆者
共同執筆者
河内 達志
橋本 玲子
セッション番号 #45 

銅賞

論文表題 システム品質・生産性向上とリスク低減を達成するシステム開発プロセス・品質レビューの標準化
社 名 関西電力株式会社
執筆者 太田 範
セッション番号 #46 

銅賞

論文表題 データベースサーバにおけるロス分析及び改善
社 名 株式会社サンモアテック
執筆者 絈谷 光康
セッション番号 #47 

銅賞

論文表題 パッケージソフトカスタマイズ作業におけるテンプレート整備活動の有効性検証
社 名 関電システムソリューションズ株式会社
代表執筆者
共同執筆者
豊島 正樹
南端 裕美
セッション番号 #48 

銅賞

論文表題 守破離と3つのBOKで、SEの戦力アップ!
社 名 三菱重工業株式会社
執筆者 青島 弘幸
セッション番号 #49 

銅賞

論文表題 要件定義品質レベルアップへの取り組み
社 名 株式会社八十二銀行
執筆者 石井 宏幸
セッション番号 #50 

銅賞

論文表題 東日本大震災前後での災害対策に対するアプローチの変化
社 名 東北インフォメーション・システムズ株式会社
執筆者 岩本 和多理
セッション番号 #51 

銅賞

論文表題 リホストによるレガシーマイグレーションの検討と計画、及び実施と評価
社 名 広島ダイヤシステム株式会社
代表執筆者
共同執筆者
石岡 祐治
奥田 一政
セッション番号 #52 

銅賞

論文表題 東日本大震災における情報システムの備えと復旧対応について
社 名 東北電力株式会社
執筆者 本郷 秀紀
セッション番号 #53 

銅賞

論文表題 拡張現実(AR)技術の業務アプリケーション適用に向けての検討
社 名 関電システムソリューションズ株式会社
執筆者 山本 真也
セッション番号 #54 

銅賞

論文表題 クラウド環境におけるシングルサインオンの実装と提言
社 名 兼松エレクトロニクス株式会社
執筆者 塩谷 秀樹
セッション番号 #55 

銅賞

論文表題 パソコン操作ログを活用した情報流出事故につながるリスクの可視化
社 名 東北インフォメーション・システムズ株式会社
代表執筆者
共同執筆者
今野 恭範
戸羽 秀人