HOME > 大会プログラム > 論文発表(分科会)

論文発表(分科会)

優秀論文発表

優秀論文発表では、第53回IBMユーザー論文にご提出いただいた123編の中から銀賞以上に選定された上位15編を、執筆者の皆様が各分科会場で発表します。

分科会Ⅰ 2015年5月14日(木) <1日目> 15:40~16:30

金賞
セッション番号 #11 概要表示
論文表題 川崎重工グループにおけるPLMシステムの全社PaaS提供の取組み
社 名 川崎重工業株式会社 [関西研]
執筆者 代表執筆者:三島 裕太郎
共同執筆者:中山 征一郎
銀賞
セッション番号 #12 概要表示
論文表題 VMWare vSphereと独自コネクションブローカーによるサーバーVDI環境の構築
社 名 株式会社 石川県農協電算センター [北陸研]
執筆者 田中 秀和
銀賞
セッション番号 #13 概要表示
論文表題 要求開発方法論(Openthology)をシステム開発プロジェクトに適用した場合の効果・有用性について
社 名 株式会社 ニッポンダイナミックシステムズ [関東研]
執筆者 浅利 智英
銀賞
セッション番号 #14 概要表示
論文表題 大規模災害など緊急事態への対応、在宅勤務など新たなワークスタイルへの対応などを安価に実現する社外利用システムの構築
社 名 株式会社 四国総合研究所 [四国研]
執筆者 白方 博教
金賞
セッション番号 #15 概要表示
論文表題 タブレット端末とRFIDを使った外部倉庫物流分野の業務プロセス改善
社 名 リコーインダストリー株式会社 [東北研]
執筆者 遠山 尚美

分科会Ⅱ 2015年5月14日(木) <1日目> 17:00~17:50

銀賞
セッション番号 #21 概要表示
論文表題 分散システムバックアップデータ隔地保管環境構築 
~被災時、分散システムは大丈夫ですか?~
社 名 八十二システム開発株式会社 [長野研]
執筆者 山本 正彦
金賞(最優秀)
セッション番号 #22 概要表示
論文表題 競争力向上のための配送センター庫内業務改善 -音声システム導入-
社 名 株式会社 トーカン [中部研]
執筆者 丹羽 貴司
銀賞
セッション番号 #23 概要表示
論文表題 システム運用管理の品質向上と省力化・効率化への取り組み
社 名 株式会社 エクサ [関東研]
執筆者 遠藤 精一
銀賞
セッション番号 #24 概要表示
論文表題 大規模システム開発における最適な開発手法の適用
社 名 JFEシステムズ株式会社 [中国研]
執筆者 山城 亮
銀賞
セッション番号 #25 概要表示
論文表題 アプリケーションのデプロイへのDocker導入の提言
社 名 コベルコシステム株式会社 [関西研]
執筆者 加藤 耕太

分科会Ⅲ 2015年5月15日(金) <2日目> 08:30~09:20

金賞
セッション番号 #31 概要表示
論文表題 シンクライアント環境導入の工夫と考慮点 
-シンクラ導入に潜むリスクへの挑戦-
社 名 株式会社 八十二銀行/八十二システム開発株式会社 [長野研]
執筆者 代表執筆者:徳武 学
共同執筆者:中村 光平
銀賞
セッション番号 #32 概要表示
論文表題 保守運用フェーズにおけるアジャイル開発の適用について
社 名 コベルコシステム株式会社/株式会社 神戸製鋼所 [関西研]
執筆者 代表執筆者:松本 篤
共同執筆者:大和 洋一
銀賞
セッション番号 #33 概要表示
論文表題 受入検査の業務プロセス改善 
~部門の困りごとに対するIT部門のシステム対応~
社 名 リコーインダストリー株式会社 [東北研]
執筆者 松崎 義弘
銀賞
セッション番号 #34 概要表示
論文表題 DB2 HADRの活用による障害対策・災害対策を兼備したクラウドインフラの構築
~コストパフォーマンスの高い災害対策の実現~
社 名 株式会社 セイノー情報サービス [中部研]
執筆者 代表執筆者:小鹿 哲郎
共同執筆者:今西 敬一
銀賞
セッション番号 #35 概要表示
論文表題 メンバーが“自立”した組織の開発 
~品質が悪化したチームの再建で見えた改善のコツ~
社 名 株式会社 タカインフォテクノ [関東研]
執筆者 阿部 将永

JGS研究プロジェクト優秀論文発表

JGS研究プロジェクト優秀論文発表では、JGS研究2014プロジェクトチーム(5部会、32チーム)33論文の中から選出・表彰された各部会の優秀論文5チームの発表を行います。本研究活動は、テーマごとにチーム結成され、時代に合せた先進技術・戦略・人材育成など、洗練された5分野となります。

研究期間:1年間(2013年10月~2014年9月)

分科会Ⅰ 2015年5月14日(木) <1日目> 15:40-16:30

セッション番号 #16 概要表示
チーム名 CL-011:ネットワークの仮想化研究
論文表題 オーバーレイ方式によるネットワーク仮想化のメリットと課題
セッション番号 #17 概要表示
チーム名 SP-003:DB2パフォーマンスチューニング for BigData
論文表題 非構造化データ処理におけるDB2パフォーマンスチューニング

分科会Ⅱ 2015年5月14日(木) <1日目> 17:00~17:50

セッション番号 #26 概要表示
チーム名 IP-001:BABOKの効果的な活用研究
論文表題 BABOKに基づく要求局面のステークホルダー役割分析 -STRAPの提案
セッション番号 #27 概要表示
チーム名 RM-001:ビッグデータ時代のデータサイエンティスト育成
論文表題 ビッグデータ時代のデータサイエンティストチームの在り方

分科会Ⅲ 2015年5月15日(金) <2日目> 08:30~09:20

セッション番号 #36 概要表示
チーム名 PM-008:インフラ・プロジェクトにおける品質管理
論文表題 システム基盤の設計品質と実装品質を向上させるための手法
- 非機能要件を漏れなくシステムに反映するには -

IBMセッション

分科会Ⅰ 2015年5月14日(木) <1日目> 15:40-16:30

セッション番号 #19 薮下 真平 氏 顔写真
講演テーマ 自ら切り拓く未来 ~IBMのテクノロジーの軌跡に学ぶ~
講 師 日本アイ・ビー・エム株式会社
取締役専務執行役員 エンタープライズ事業本部長
薮下 真平 氏
講演概要 IBMは過去100年に亙って、テクノロジー・リーダーシップを発揮してきました。
そして、現在、第三のプラットフォームと言われる、クラウド、アナリティクス、モバイル、ソーシャル、セキュリティを基盤に、お客様企業の皆様と共に新しいビジネスモデル創出に挑戦しています。
最近注目されているワトソンも含めて、過去から現在、未来に向けての弊社の取り組みの一端をご紹介することで、皆さまの日々の活動の一助としていただければと思います。

iSUC IT研 最優秀セッション


分科会Ⅲ 2015年5月15日(金) <2日目> 08:30~09:20

セッション番号 #37
講演テーマ あなたは失敗の「真の原因」にたどりつけていますか?
~【IT版】失敗原因マンダラ図のススメ~
講 師 佐伯 徹 氏 顔写真関電システムソリューションズ株式会社 
関電グループビジネス事業本部 グループITシステム第1部 
アシスタントマネジャー 佐伯 徹 氏
西川 達哉 氏 顔写真スミセイ情報システム株式会社
生保ソリューション第3部 上席システムエンジニア 西川 達哉 氏
講演概要 プロジェクトマネジメントの手法・文献・各社のノウハウ蓄積を活用しても、約70%のプロジェクトは失敗しているという報告があります。
それは「表向きの原因」発見で満足し「真の原因」を踏まえた再発防止策が取られていないからではないしょうか?
そこで、私達が提案する【ITプロジェクト版】失敗原因マンダラ図を活用し、「真の原因【誘発する全ての原因】」を客観的・網羅的に把握することが出来る手法を体感いただきます。