第57回IBMユーザー・シンポジウム 沖縄大会

論文発表(分科会)

論文発表(分科会)

JGS研究プロジェクト優秀論文発表

JGS研究プロジェクト優秀論文発表

チーム名 [IP-001B]日本企業におけるRPAの導入
論文表題 RPA導入における業務選定工数軽減の提案
-ツールを利用したRPA適用業務の選定-
発表者 小林 浩之

株式会社DTS
[関東研]

2007年4月(株)DTS入社。3ヶ月の研修後、現在組織の基となる部署に配属。主にSAP社製品を用いた人事業務のIT化を従事。10数社への導入・保守を実施。現在はSAPとe-Gov(電子政府)との連携機能の開発・販売も兼任。RPAは業務未経験であるが、人事業務への適用可能性を見極めるべく研究に参加。


概 要

RPAは、企業の生産性を上げる有効なソリューションの一つであり、低コスト・短期間で実装可能であるが、実際にはRPA導入業務の検討や業務棚卸が導入障壁となり、導入するに至らない企業が多数ある。
本論文ではツールを用いて、業務をプロセス毎に分割、導入効果を評価する事で、導入障壁を下げ、日本企業におけるRPA導入を促進することを提案する。

聞きどころ

RPA導入をこれから検討していく人に聞いていただきたいと思います。研究にて作成したツールは、ぜひ導入検討の際に使用していただき、また、ツールはそのまま使用するだけでなく、アレンジをしてより良いものに変えていってもらいたいと考えます。

チームメンバー 上流工程における見積
  • (株)DTS 小林 浩之 (リーダー)
  • ニッセイ情報テクノロジー(株) 河上 清 (サブリーダー)
  • コベルコシステム(株) 山田 泰志 (サブリーダー)
  • アコム(株) 塩浦 世志貴
  • (株)エイチ・エル・シー 桑原 明弘
  • 第一生命情報システム(株) 三井 梓
  • (株)竹中工務店 井上 裕貴
  • 日本ハムシステムソリューションズ(株) 寺谷 昌久
  • 日本ハムシステムソリューションズ(株) 光山 恵未
  • みずほ情報総研(株) 干飯 翔平

※社名・所属は研究活動当時のものです。

大会プログラム

大会情報

  • 全国IBMユーザー研究会連合会 会長 川添 祥宏

    全国IBMユーザー研究会連合会
    会長 川添 祥宏

  • 第57回 IBMユーザー・シンポジウム 沖縄大会 実行委員長 知念吉和

    第57回 IBMユーザー・シンポジウム
    沖縄大会 実行委員長 知念吉和

お問い合わせ

IBMユーザーシンポジウム事務局

050-3150-6260

ukenmail@jp.ibm.com