第57回IBMユーザー・シンポジウム 沖縄大会

IBMユーザー・シンポジウムとは

シンポジウムとは

IBMユーザー・シンポジウムとは

IBMユーザー・シンポジウムの模様

「IBMユーザー・シンポジウム」は、User & IBM NEXT(略称:NEXT)JGS と並ぶ全国IBMユーザー研究会連合会(全国研) の3大イベントの一つで、全国から選ばれた「IBMユーザー論文」を発表する場として、毎年春に開催されます。

他社の成功事例について詳細に述べた論文を生で聞き、執筆者や全国からの参加者と交流できる貴重な機会として、毎回多くの皆さまのご参加をいただいています。

IBMユーザー論文、会場の様子

IBMユーザー論文 は、会員企業での日ごろの活動の成果や生産性・品質の向上、標準化の促進など、他のユーザー研究会会員の参考になる事例を論文という形にまとめていただく、全国研の主要な活動の一つです。

秋に募集して1月に提出いただいた論文の中から、厳しい選考を経て決定した優秀論文の執筆者の方等に、シンポジウム会場で発表していただきます。

このほか、JGS研究活動 で選ばれた優秀論文の発表や、著名講師による基調講演/特別講演、地元とじかに触れていただく地域見学会等のプログラムで構成されています。

開催地は毎年変わり、北は北海道、南は沖縄まで、開催地区研の実行委員による地域特性を活かした手作りの企画の数々が、シンポジウムに彩りを添えます。

主催 全国IBMユーザー研究会連合会
協賛 日本アイ・ビー・エム株式会社
運営 開催地の地区研究会を主体としたシンポジウム実行委員会を組織し、企画・運営にあたります。
内容
  1. IBMユーザー論文 優秀論文の表彰ならびに発表
    会員の研究活動をテーマとした論文を募集/審査し、優秀論文についてはオープニングにて表彰、また優秀論文の一部は分科会に分かれて発表されます(15編程度)。
  2. JGS研究プロジェクト 優秀論文の発表
    前年秋に発表、選考された「JGS研究プロジェクト」の優秀論文(6編程度)も、分科会で発表されます。
  3. 基調講演/特別講演
    テーマに沿った内容や時宜にかなった話題、また開催地にちなんだ題材等を取り上げ、日本を代表する著名人/オピニオン・リーダーによるご講演やパネル・ディスカッションを実施します。
  4. 分科会セッション
    優秀論文発表をはじめ、地元発信情報やIBM情報などをご選択のうえ聴講いただきます。
  5. 懇親会/交流会
  6. その他
    地域見学会、企業見学会等

お問い合わせ

IBMユーザーシンポジウム事務局

050-3150-6260

ukenmail@jp.ibm.com