ようこそ ゲスト さま

IBMユーザー研究会 IBM JAPN USER ASSOCIATION

U研サイトを使いこなそう!! ID登録のススメ 入会のお申込み

東北IBM
ユーザー研究会

東北研とは

目 的

ITを中心としたテクニカルテーマやマネジメント、最新動向についての研究・発表を行なっており、情報交換を通じた知識と経験の向上を目指して各種の活動を主催し、会員相互の研鑽と親睦を図る。

ご入会での特典

企画メンバーとして企画運営に携わることで、異業種メンバーとの交流を通して、自己研鑽につながります。

東北I研開催のプログラム、セミナーや交流会(年15回程度開催)へ参加いただけます。

東北研では、青森県、秋田県に支部を設け、遠方の方にも可能な限り最新情報をお届けする仕組みづくりに配慮しています。支部開催のセミナーや交流会へも参加いただけます。

東北研の「IT研究会」(活動期間:募集6月、研究活動7月~翌年5月)に参加し、具体的なIT技術について勉強していただくことができます。

全国IBMユーザー研究会連合会主催の「IBMユーザー・シンポジウム」、「iSUC」に参加することができます。

機関誌[IBM USERS]を1部無料配布いたします。(登録責任者宛に郵送)

活動概要

会員構成 東北地区(青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島)のIBMユーザー(約105会員)で構成され、
全国10地区にあるIBMユーザー研究会の1つです。
年度期間 6月1日~翌年5月31日
活動内容
【共同の学習・スキル向上・課題解決】
自社要員だけでは解決困難な課題を、
ユーザー研究会としてセミナーを開催したり、
共同で研修・検討しています。
【経験/知識の交換・共有相互助け合い】
変化や技術革新のスピードに対応していくために、
ユーザー同士で先行した事例・経験情報を相互に交換しあうこと、
あるいは疑問や困ったことができた場合に、お互いに助け合えることで、
より効果的なスキルアップ、システム構築が図れます。
【幅広い交流による人材育成】
企業戦略上も社員の育成がより重要な課題となっていますが、
常に外の世界に接して視野や見識を広げていくことが必要です。
当ユーザー会では異業種を含めたユーザー同士の有効な交流が図れます。
また、よく参加されるメンバーほど、向上意欲も高く相互啓発が活発に行われています。

委員会

委員会構成・任期 約7名の委員で構成、任期は原則として2年
企画委員会・任期 約15名の企画委員で構成。委員会で決定された大枠に添って、具体的な活動内容
種 類 委員会、企画委員会(年2回) 及び 担当プログラムに添った活動

入 会

新規ご入会は下記からお願いします。

Back to Page Top