ようこそ ゲスト さま

IBMユーザー研究会 IBM JAPN USER ASSOCIATION

U研サイトを使いこなそう!! ID登録のススメ 入会のお申込み

U研バーチャルクラス

平成27年度のWEBCAST

U研バーチャルクラスについて

U研バーチャルクラスは、インターネット環境で受講可能な形態のセミナーです。スタジオの講師とネットワークで繋ぎ、講師の映像、資料、音声など、PCを介してリアルタイムでご受講いただけます。PC画面上での講師との双方向コミュニケーションも可能で、ライブ感覚の講義をお届けします。皆様のスキルアップにぜひご活用ください。

※「システム環境」と「注意事項」は必ずご参照ください。
※バーチャルクラスの環境は、株式会社アイ・ラーニング 社のご協力のもとご提供します。

平成27年度の開催日程とテーマ

日 程 講 師 テーマ WEBCAST
第1回 【日 程】2015年10月20日(火)
16:00~17:30
【講 師】山下 克司氏 【テーマ】「論文書き方セミナー」 【WEBCAST】
WEBCAST
第2回 【日 程】2015年12月14日(月)
16:00~17:30
【講 師】平塚 博章氏 【テーマ】行動変容・行動科学に着目した「わかる→ できる→ 続けられる」 シフト推進
第3回 【日 程】2016年3月24日(木)
17:30~19:00
【講 師】千代田 真吾氏 【テーマ】Watsonシリーズ第一弾「IBM Watsonの現在と今後の展開」

※各回ともに開始60分前から接続いただけます。

平成27年度のセミナー概要

第1回 「論文書き方セミナー」

講師 : 山下 克司氏

論文を書いてみたいけど、どう書いていいか分からない、周りに経験者がいない...と悩んでいる方、ぜひ、受講ください。 技術論文の審査経験を持つ講師が、経験を交えて、論文を書くことの意義から論文執筆の基本、引用の注意点、図表のマナー等々、分かりやすくご説明します。

iSUCの大好評セッションをもう一度 (Update・増量版)
第2回 行動変容・行動科学に着目した「わかる→ できる→ 続けられる」 シフト推進
- 本質で考える、失敗しない 『 ITシステム 活用・定着化 』 9 ステップ -

講師 :平塚 博章 氏

ついつい後回し・・・から卒業!
「わかる」と「できる」、「できる」と「続けられる」 両者には、それぞれ大きなギャップ(障壁)があります。なぜ人や組織は、わかっていても行動を変革(変容)できないのでしょうか?本セッションでは、自分自身や組織、プロジェクトチーム、上司・部下、家族といった「人の行動」を科学的に分析し、確実に行動変容を促し 「続けられる」 テクニックを紹介。 さまざまな分野・システムに応用可能な「行動変容」に関する知識とテクニックにより組織の活性化から、日々の業務、プライベートまで応用可能な科学的アプローチです。7年間の試行と改良を重ねて完成した紙とペンだけで簡単に活用できるフレームワークもご紹介。

 第3回 Watsonシリーズ第一弾 「IBM Watsonの現在と今後の展開」

講師:千代田 真吾 氏

IBMはビッグ・データが可能にする新しいコンピューター利用のパラダイムとしてコグニティブ・コンピューティングを提唱しています。これは、学習と人間との対話を通して、ビッグ・データを活用した高度な判断や新しい知見の発掘を支援します。本セッションでは、コグニティブ・コンピューティングの具体例として、質問応答システム“IBM Watson”を紹介します。2016年に日本語版の提供も開始し、適用エリアが拡がるIBM Watsonの現在と今後の展開について概説します。

平成27年度の講師紹介

「論文書き方セミナー」

山下 克司 (やました かつし)
日本アイ・ビー・エム株式会社
グローバル・テクノロジー・サービス事業本部
サービス・デリバリー ディスティングイッシュト・エンジニア、技術理事

山下 克司 (やました かつし)
  • 1987年 日本アイ・ビー・エム入社
    - 中小型適用業務支援 アプリケーションパッケージ開発
    - 首都圏SE部 技術推進 先進システムプロジェクト担当
    - ネットワークサービス事業 技術戦略担当(IPコミュニケーション、ネットワークの仮想化など)
  • 2007年 ディスティングイッシュト・エンジニアの称号を認定され技術理事に就任。
  • 2009年 クラウドコンピューティングCTOに就任
    - インフラストラクチャーの利用環境におけるイノベーション
    - インダストリー・ソリューションの協同利用モデル
    - クラウド上での運用と開発の融合~DevOps研究分野
    - SSME(Service Science Management&Engineering)
iSUCの大好評セッションをもう一度
行動変容・行動科学に着目した 「 わかる→ できる→ 続けられる 」 シフト推進
- 本質で考える、失敗しない 『 ITシステム 活用・定着化 』 9 ステップ -

平塚 博章 (ひらつか ひろあき)
日本アイ・ビー・エム株式会社 ソーシャル事業部
アクレディテッド・シニア IT スペシャリスト

平塚 博章 (ひらつか ひろあき)

1999年国内大手ソフトウェア・エンジニアリング会社に入社。マルチベンダによる最新システムやソフトウェアの製品評価、有償テクニカル支援、パフォーマンスチューニング、システム導入コンサルティングに従事。その後新規ソリューション開発、プロジェクトマネージャー、セミナー講演活動などを担当。2006年日本アイ・ビー・エム入社。企業を中心に、コラボレーションやコミュニケーションを通じた「競争力強化」や「組織の活性化・定着化」を支援。2013年から米国IBM Worldwide Social SWAT Teamに所属し、Competition&Evangelism Role を担当。下記をテーマとしたセミナー講演、企業向け講義・ワークショップ・ディスカッション、提案活動サポート、競合対策、競争優位性の追及を担当。

  • イノベーション(Innovation、Creative Thinking、Design Thinking、Y-gaya)
  • 現場力(Operational Excellence)
  • やりきる力(Behavioral Science)
  • コラボレーション&ソーシャル基盤(IBM Verse、IBM Connections Cloud、IBM Notes/Domino 、WebSphere Portal、Sametime、Kenexa)
Watsonシリーズ第一弾 「IBM Watsonの現在と今後の展開」

千代田 真吾 (ちよだ しんご)
日本アイ・ビー・エム株式会社 ワトソン事業部
テクニカル・セールス

千代田 真吾 (ちよだ しんご)
  • 2003年 日本アイ・ビー・エム株式会社入社。
  • 2010年 ソフトウェア事業部。メッセージング、クラウド連携、IoT関連製品の提案活動に従事。
  • 2015年 ワトソン事業部。テクニカル・セールスとしてIBM Watsonソリューションの提案活動、技術検証等に従事。

平成27年度の受講申込

セミナー日程 申込期間 受講申し込み
第1回 【セミナー日程】2015年10月20日(水)
16:00 ~ 17:30
【申込期間】9月15日(火) ~
10月9日(金) 18:00
【受講申し込み】申込終了
第2回 【セミナー日程】2015年12月14日(月)
16:00 ~ 17:30
【申込期間】11月17日(火) ~
12月7日(月) 18:00
【受講申し込み】申込終了
第3回 【セミナー日程】2016年3月24日(木)
17:30~19:00
【申込期間】2月23日(火) ~
3月17日(木) 18:00
【受講申し込み】申込終了

受講申込の登録完了直後に、受付完了メールが自動配信されますので、届いたことを必ずご確認ください。セミナー開催日の1週間前を目処に、申込登録者宛に「事前接続確認とセットアップ」、「当日の接続先URL情報」をお送りします。必ず事前に、接続確認とセットアップをお願いいたします。メールが届かない場合は、事務局office@uken.or.jpまでお知らせください。

定 員:各回とも先着120名(120接続)。(グループ受講の場合は、代表者1名のみお申込ください。)
グループで受講の方は、代表者の方のみに「事前接続確認とセットアップ」、「当日の接続先URL情報」をお送りします。会議室等でPCをプロジェクターに接続し投影する等で皆様一緒に受講をお願いします。

参加費:無料

申込期限:各回とも、上記申し込み最終日を厳守いただけますようお願いいたします。

セミナーの録画公開について:後日、平成27年度実施のU研バーチャルクラス 第1回~第3回のビデオ録画を公開いたします。当日ご参加できなかった方、もう一度聴講されたい方も是非この機会にバーチャルクラスをご体感ください。 録画公開日は別途お知らせいたします。視聴期限は2016年6月30日(木)までです。

システム環境

バーチャルクラスは「Blackboard」というシステムを使用します。

Support OS

※ブラウザ

OS/ブラウザ Internet Explorer8 & 9 Internet Explorer10 Firefox(Latest Stable Release) Chrome(Stable Channel)
WindowsR XP ※Internet Explorer8 & 9:Unsupported ※Internet Explorer10:Unsupported ※Firefox(Latest Stable Release):Compatible ※Chrome(Stable Channel):Compatible
Windows VistaR ※Internet Explorer8 & 9:Certified ※Internet Explorer10:Unsupported ※Firefox(Latest Stable Release):Compatible ※Chrome(Stable Channel):Compatible
Windows 7 ※Internet Explore8 & 9:Certified ※Internet Explorer10:Unsupported ※Firefox(Latest Stable Release):Compatible ※Chrome(Stable Channel):Compatible
Windows 8 ※Internet Explorer8 & 9:Unsupported ※Internet Explorer10:Provisional ※Firefox(Latest Stable Release):Provisional ※Chrome(Stable Channel):Provisional
OS/ブラウザ Safari 4.0 Safari 5.0 Safari 5.1 Firefox
(Latest Stable Release)
Chrome (Stable Channel)
Mac OS 10.5 ※Safari 4.0:Certified ※Safari 5.0:Certified ※Safari 5.1:Unsupported ※Firefox(Latest Stable Release):Compatible ※Chrome (Stable Channel):Compatible
Mac OS 10.6 ※Safari 4.0:Certified ※Safari 5.0:Certified ※Safari 5.1:Compatible ※Firefox(Latest Stable Release):Compatible ※Chrome (Stable Channel):Compatible
Mac OS 10.7 ※Safari 4.0:Unsupported ※Safari 5.0:Unsupported ※Safari 5.1:Compatible ※Firefox(Latest Stable Release):Compatible ※Chrome (Stable Channel):Compatible - Please review the end note below if using Java 7 with Mac 10.7 or Mac 10.8 and Chrome.
Mac OS 10.8 ※Safari 4.0:Unsupported ※Safari 5.0:Unsupported ※Safari 5.1:Provisional ※Firefox(Latest Stable Release):Compatible ※Chrome (Stable Channel):Compatible - Please review the end note below if using Java 7 with Mac 10.7 or Mac 10.8 and Chrome.
Support Java
Operating SystemJava Versions (JRE)
Windows
XP, Vista, 7 3
1.6, 1.7 (java 6 & 7)
Mac OS X1.5, 1.6, 1.7 (java 5, 6 and 7)

[ ご注意 ]
接続トラブル時のアイ・ラーニング社のサポート可能な環境は下記のみとなります。
お客様の環境によっては受講が不可能な場合もあります。予めご承知おきください。
* OS:Windows 7, Windows Vista
* Java VM Version 7 Update 51 以降 (最新版推奨)

[ その他 ]
単独受講の場合には、周りの方にご迷惑のかからないよう、イヤホンを用意ください。 グループで会議室等で受講される場合には、プロジェクター、スピーカーを用意いただくことをお勧めします。

注意事項

  1. ご登録者に一週間前にメールでお届けする「事前接続テスト」実施後、接続できない等ご不明な点がある場合は、事務局(office@uken.or.jp)までメールでお問い合わせください。
  2. セミナー実施中も、常時メールボックスを確認しますので、接続できない場合は、メールで状況をご連絡ください。
  3. 受講者への緊急連絡は、事務局からメールでご連絡します。送信元は「Email Uken(ukenmail@uken.or.jp)」または「U研バーチャルクラス(office@uken.or.jp)」となります。メールタイトルに ★U研バーチャルクラス★ と表示しますので、受講中も受信メールを確認できるよう、ご準備ください。
Back to Page Top