ページTOPへ

NEXTは、UserとIBMが「次の時代に向けた価値創造=NEXT」について一緒に考え、実現に向けて始動する大会です。

HOME > 大会プログラム > イベント

イベント

オープニングイベント

3日間にわたり開催されるNEXT 2018のオープニングを飾るイベントです。入場時にはモール出展企業のVTRを公開します。その後、実行委員長、全国研会長、実行委員会メンバーなどが登壇し、NEXT 2018の醍醐味をお伝えします。NEXT 2018をどう過ごすかのイメージづくりにも役立ちます。

Business Forum - 『未来のわたしをクリエイトする』

「女性活躍」をテーマに、参加者が5~8名程度のチームに分かれてディスカッションする交流イベントです。女性の視点から見た悩みや課題、それに対する自社・他社の取り組みや解決法を共有することで、課題解決へのヒントを探ります。テーマ設定からディスカッション、発表、他チームとの意見交換までをその場で実施します。
以下をテーマに、各チームで議論します。
 
◇女性活躍推進
今後のキャリア、家事と育児の両立など、「女性が働く上での悩み」をチーム内で共有します。そして、それらの悩みについて男女関係なく意見やアイデアを出し合い、議論の上、解決方法を導き出します。
※本フォーラムの参加希望者は、NEXT申し込み時に事前にご登録ください。

IDEA × IDEA to NEXT (アイデアソン)

あるテーマについて、さまざまな立場にある参加者たちが対話を通じて、新しいアイデア創出やアクションプラン作成を体験する交流イベントです。テーマは「働き方改革」と「自然災害支援」の2つ。ここからさらに具体的なテーマを設定し、チームに分かれてワークショップを開催し、発表と投票を経て、優秀アイデア賞の2チームを表彰します。

◇働き方改革
瞬く間に日本中に広がった「働き方改革」。RPAによる業務効率化、時間や場所を問わないリモートワークなど、働き方改革にICTの利活用は欠かせません。人々が考える「理想的な働き方」とは何か。モバイルやAIなど、さまざまなテクノロジーはどのように寄与するのか。理想的な働き方を実現するICTの活用について、斬新なアイデアを出し合いましょう。

◇自然災害支援
近年相次いで発生する自然災害。SNSを通じた情報発信や安否確認など、ICTの利活用は被災者の方々に安心と安全をもたらします。自然災害の発生に備えた準備、発生後の対応など、ICT活用の可能性について考えます。人々の命を守るため、ICTで何ができるかを真剣に議論しましょう。
※本アイデアソンの参加希望者は、NEXT申し込み時に事前にご登録ください。

NEXT Business Link Day1 ~NEXT交流会~

各イベントからの流れでスタートする初日の交流会です。参加者同士がお酒や軽食を楽しみながら、気軽に交流します。飲み物を片手にホールを移動し、並行して実施しているフォーラムやアイデアソンを見学することもできます。

NEXT Business Link Day2 ~NEXT懇親会~

参加者全員でお酒や軽食を楽しみながら、気軽にフ6ートークし、情報交換や人脈作りを行う2日目の交流会です。カジュアルな雰囲気の中で、参加者同士、あるいはセッション講師やゲストの方々と自由に交流できます。1人で参加している人に向けた「おひとりさまエリア」や、札幌ゆかりの「ゆるキャラ」との撮影記念ブースも設けられます。

TALK TIME! ~U研倶楽部~

U研倶楽部は、企業の部門長レベルの参加者が集い、日々の業務の課題について討論する交流イベントです。以下の2つをテーマに、各チームがそれぞれ議論します。

①IT人材の確保と育成
IT業界の人材不足が深刻な今、人材の育成と流出防止について、各社がどのように取り組んでいるかを議論します。また今後、若手社員にどう育ってもらいたいかを提案しましょう。

② デジタル時代の取り組み
企業価値の成長を考えるに際して、今やITは最重要テーマです。ビッグデータ、クラウド、AIなどのテクノロジーを各社がどのように活用しているか議論します。
※U研倶楽部は、役席者限定のイベントです。ふるってご参加ください。

緊急パネルディスカッション 自然災害対策をどうするか?

広島でのシンポジウムが終わり、NEXTの半年の間に今までにないくらい多くの自然災害が全国各地で発生しています。日本全国に広がるIBMユーザー研究会ですので、豪雨、台風、地震など、災害を身近に感じた会員も多くいらっしゃいます。あらためまして、被災された皆様にお見舞いを申し上げるとともに、一日も早い復興をお祈りいたします。

そしてNEXT2018では、全国のU研会員企業が災害現場でどのような苦労があったのか、どのような取り組みをしたのかなど、リアルな経験を初日にパネルディスカッション形式で参加者の皆様に伝えてもらおうと考えました。全国から知と技術が集結しているNEXT2018だからこそ、このテーマで語り合う意味があると考えます。

当日はスマホのサービスを活用した質問の受付も行う予定です。
いつどこで発生してもおかしくない自然災害に対して自分たちは何ができるのか、NEXT2018に集まった仲間と共に、改めて真剣に向かい合い、考える機会となれば幸いです。

パネラー 
 ホクレン農業協同組合連合会/岡本 幸一 様
 株式会社 JALインフォテック/小熊 芳晴 様
 日本ハム株式会社/田口 稔 様
 JFEシステムズ株式会社/原田 敬太 様
 日本アイ・ビー・エム株式会社/網野 順 様

モデレーター
 アイマガジン株式会社/飯田 恭子 様

クロージングイベント

NEXT 2018を締めくくる最終プログラムです。IT研優秀チームの発表・表彰、優秀セッションのスピーカー表彰、次回会場の発表などが行われます。